中学校でフロアバレーボール体験会を実施

7月5日(金)、全国大会を観戦していただく予定の花巻市立湯口中学校で、フロアバレーボール体験会を開催しました。湯口中学校から1年生35名が参加し、本校フロアバレーボール部と交流しました。
内容の一部を紹介します。
・視覚支援学校の紹介【副校長より】
・チーム紹介【バレー部主将】
・全国盲学校フロアバレーボール大会について【事務局】
・フロアバレーボールについて【バレー部顧問】
・模擬試合【バレー部】
・体験

6つのチームに分かれ、それぞれに中学生と本校バレー部員が入って、レシーブやスパイク、ブロックを練習しました。参加者全員分のアイマスクを用意し、交互に装着してプレイしました。
・リーグ戦(A・Bコート)
 練習した内容を基に6チームでリーグ戦形式の試合を行いました。徐々に慣れてチームワークが生まれ熱戦が続出しました。
・感想交流
体験した生徒からは、「体験会前のビデオでは、個々でプレイする印象が強かったが、実際にプレイしてみるとチーム全員が声を掛け合うことが大切だと分かった」、「スパイクに迫力があった」、「夢中になると後衛からの声をうまく聞き取れない」などの感想が出されました。

初の企画でしたが、湯口中学校の先生方のご尽力と意欲的に参加してくれた1年生の皆さんのおかげで、フロアバレーボールの楽しさを共有できた体験会になりました。
何よりも、私たち自身がフロアバレーボールについて深く理解する良い機会となりました。

このフロアバレーボール大会は、競輪の補助を受けて開催します。

今大会情報について

第3回大会は岩手県で開催します。

応援に来られる方へ

会場へのアクセスをご案内しています。 詳しくはこちらをクリック☞

協賛金について

ページ上部へ戻る